御挨拶

あざぶ一期は皆様のお引き立てとご支援のもと、平成16年に麻布十番にて店を構え、14年目を迎えることが出来ました。これも偏に多くの方々のご支援、ご愛顧の賜物でございます。スタッフ一同心より感謝致しますとともに、今後益々精進して参る所存でございます。
そしてこの度、兼ねてよりのご要望にお応えして更なる進化を遂げるべく、あざぶ一期は生まれ変わろうとしております。
掘り炬燵のカウンター、和を基調とした京町屋のような佇まいの落ち着いた店内、関西割烹を軸に京野菜・肉・魚など産地直送の食材により一層拘った日本料理をご提供致します。日本全国色々なものを食べ歩いた食通の方々にも是非味わって頂きたいと思います。
あざぶ一期のおでんは、本格的な懐石料理の中の煮物椀の位置にあたります。
豆鯵・とび魚・いりこ・真昆布など8種類の出汁をブレンドしたこだわりのスープはおでんの概念を覆すものとなっております。その他魚は天然物に拘り、焼き物は備長炭で丁寧に焼き上げます。ひと品ひと品を優しく温かみのある料理に仕上げております。これらの美味しい料理やお酒を召し上がりながら、特別な人と特別なひとときをお過ごしください。

店主

次へ